2011/01/31

「ソーシャルネットワーク」を観てきました。



女装の私が「ソーシャルネットワーク」を見てきました。





twitterやFacebookでは色々と議論が沸きあがっているようですが、単純に私はDavid Fincher監督の作品として楽しんできました。エンドクレジットにもありましたが「事実に基づき、創作を加えて作成され」た映画でしたからね。





訴訟/秘密保持契約が渦巻くMark Zuckerberg氏は、Facebookという一国家以上の存在感を持つソーシャルネットワークを作りました。知られすぎたこと、知らせてはいけないこと、知られたくないこと、知らせたいこと、それぞれが高次元に織り成されたMark Zuckerberg氏とFacebookという存在は国家以上に意思/生命力と自己増殖能力を持っています。そのメカニズムを丁寧に説明したものが、「ソーシャルネットワーク」という映画でした。





何が事実に忠実で何が創作なのかを想像し議論し突き詰めていく事は確かに面白く、人の興味を惹くでしょう。そうして広がっていくネットワークはFacebookというソーシャルネットワークの一部分となり、Facebookはその生命力と自己増殖能力を見せ付けていきます。「ソーシャルネットワーク」から読み解かれるFacebookの日本への浸透について議論することは、ある一定の集団にとって生死をわける議論。事実、そこで繰り広げられる「正しい」「間違っている」「事実を受け入れろ」「まやかしだ」「主体が重要だ」「様子をみよう」「早く何かをしよう」「もう終わりだ」「無理だ」「次は何がくる」の議論は、生き死にを繰り返す細胞を見ているかのようです。その生き死にの議論のリズムは、周囲を引き込み、結果としてFacebookという意思/生命の増殖に繋がっているのがわかります。(なんとなく)





こうした議論や引き込みといったネットワークを生み出すメカニズムを映画の中にも外にも設計して作られていることが、映画として素晴らしい題材/表現でした。「ソーシャルネットワーク」は、観ている私たちと私たちが構成している社会や国家に対してソーシャルネットワークを広げていた。そしてその網はいづれFacebookに引き込まれていく。もしくはネットそのものに、より大きな単位で引き込まれていく。





David Fincherはいい「作品」に出会えたんだろうなあ。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村





東京座



東京座










やまだないとの漫画を読むと、いつも目の前に靄がかかったような気になる。で、その靄は、同じ本を読んでいる人たちと共有できているような気がする。東京で生きるって、こういう事なんだ、というとても薄い実感が湧いてくる。




現実はそれ以上でもそれ以下でもない。時間は何事もなく流れて、いつまでもそのまま。舵の無い小舟にのって、私たちは流れていく。現実は前から後ろにただただ通り過ぎて、何もできない人間、私たち。抗おうとしたり、コントロールしようとしても無駄で。ただ、浮かびながら何かを思っているだけ。




それでいいんだし、それ以上は無い。なんとなく、あきらめとは違うんですが、わかった気がする。明日も太陽はのぼるし、お腹が空く。そして生きるんだ。東京で。




2011/01/24

ペイ*デ*フェのファッションショーに行ってきました。



女装の私が、ペイ*デ*フェファッションショーに行きました。








ペイ*デ*フェのデザイナーりむちゃんには、私が大阪から東京に出てきた時からお世話になっている気がします。かわいい服で楽しませてもらったり、イベントに行かせてもらったり、楽しい妄想のお話しをしたり。いつ話しても妖精で、世の中の色々を引き受けてしまうような人です。私が勝手に思ってるだけかもしれませんが、強烈な母性を持っている人です。





ペイ*デ*フェは昨年、中野ブロードウェイの4階に出店。そしてあれよあれよとお客さんは増え、ついにファッションショーです。勢いを感じます。その勢いを、余すところ無くショーにした。22日、23日共に見させていただいて、私はそう感じました。








22日は、画家レオノール・フィニをイマージュした作品群でした。妖精が魔法をかけた世界は顔を白く塗った銀色の存在(本原章一さん博美さん)の舞踏から始まります。ペイ*デ*フェの魔法をかけらた服がこれからこの場所に産み落とされる、そのための儀式のよう。コルセットでしめあげられたキャストが私たちの前を歩きます。ゆっくりとしたその動きが、観ている人全てに魔法を振りまいていく。その強烈な魔法には中和が必要です。その為に、舞踏は幾度と無く繰り返されます。そして、舞踏にまで魔法はかけられ、魔法を帯びた服を着た白塗りの銀色が舞う。気が付くと、私たちは一時間以上、妖精りむちゃんの魔法の世界にいたようです。





猫の柄が横に添えられたゴブランのコルセットは、ラックにかけられている姿もトルソーにつけられた姿もキャストが実際に着ている姿も可愛い。先日購入したゴブランのスカートに合わせて着たい。








23日は”風船をモチーフにイノセントな浮遊感のある作品”が繰り広げられました。前日と同様に整理券番号を元に入場。真っ暗なステージには足ふみオルガンと、それに結び付けられた風船が見えます。その横、左右にペイ*デ*フェの服を着せられたおかっぱのぜんまい仕掛けのお人形…ではなく女の子(廻天百眼の大島朋恵さん紅日毬子さん)が、ショー開始の合図も無いのにお人形のような動きをし続けています。しばらくすると犬のジョンさんが現われ音楽を披露。そしてショーがはじまりました。前日とはうってかわったヴィヴィッドな色の服たちが、風船を持ったキャストと共に私たちの前を歩きます。私個人が好きなのはこうした浮遊感のある可愛さでした。私が着たらどうなるかな、って全ての服を見ながら考えていました。ショーの合間の廻天百眼のお二人の動きは、どこまでが現実でどこまでが夢なのかを曖昧にしてしまいます。目の前を歩いているキャストは人間なのか機械仕掛けのマネキンなのかわからない。








結局2日共、りむちゃんの魔法の世界で夢を見ていました。現実感があるのはあの子の笑顔と、部屋にある風船と、パラボリカビスの近くにある中華料理だけ。素敵な2日間をありがとう。ペイ*デ*フェの服を着るたびに、この2日間の魔法が蘇りそうです。








にほんブログ村 その他趣味ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村