2013/01/01

新年のご挨拶


あけましておめでとうございます。

2013年というあまりにも現実味の無い数字の並びに驚いている元日。気がつけば半年以上もレビューを書いておりませんでした。では何も展示を見ていなかったのか。そんな事はありません。毎週、毎月のように素晴らしい作品に出会い、書ききれないほどであります。

激しく燃え上がる炎のすぐその横で静かに聞こえる菌の萌芽。「プチッ。プチッ。」その音を昨年は聞くことができました。今はまだ細く頼りない緑色をした茎もまた、これから大木へと成長するはずだと確信もてる草むらも見つかりました。

何かに絶望してしまう時はその緑を思い出します。2012年と同様に、2013年は次の年へのステップ。来る”何か”の一助となるべく、今年も数々の展示やイベントを記録し続けていきます。

2013年も、ライターヨネザワエリカをよろしくお願いいたします。


※1月1日は実家(大阪)に帰り、屋根裏部屋に保存してあった手塚治虫を読み耽っておりました。これは「きりひと讃歌」のワンシーン。