2010/12/17

『鳴り物入りを呑気に楽しむ夕べ』 at 高円寺のら犬カフェ に行ってきました。



女装の私が、高円寺のら犬カフェで開催された『鳴り物入りを呑気に楽しむ夕べ』に行ってきました。





高円寺南口ロータリーをくだってすぐのマンション(?)の2階にあるカフェには、テラスがあって、そこにコタツを用意したりゆるい空間の中ライブ開始。





フラとギターの弾き語りユニット「虹色のフラリ」は、この1年ずっと追いかけてる素敵なバンド。(とはいっても行けてないライブもあるけど。。)歌声もメロディも歌詞も、歌詞を踊りで表現するフラも、優しいのです。相手を選ばない。もしかしたら世界で一番多くの人に聞かれる(感じられる)ユニットになるんじゃないかとさえ思う。この日はバンド形式。ベース(木蓮って韓国太鼓のバンドから)とマンドリン(ドン珍否島Trippersから)が助っ人として加わって、いつもとは違う楽しい雰囲気。観客から「まるまる~」ってコーラスが起こるくらい楽しげなライブとなりました。





高円寺の魅力をそのまま体現したかのようなライブ。色々気になることはあるけれど、そんなことより楽しもうよ、でその場の空気を包み込む。酒盛り、音楽、笑い、制度なんて○○○だぜ、空気は何にも負けないぜ、ガハハ。ポリスメンが何度かやって来ましたが(防音ではなく、青空ライブ形式なので)、まあ、ゆるい裸の空気は壊れることはありませんでした。私も女装をしてることを忘れるくらい。








何でも受け入れる空気はとても優しくて、居心地がいい。涙が思わず流れるくらいに優しい。だからこそ、そこに腰を下ろす事はない。受け入れられることが当たり前になるのは、今日は心地良いが明日はどうだ。来年はどうだ。私が死んだ後はどうだ。





先を見据えすぎるのはいかがなものか。と、言われるけれども私は私の人生を過ごしながら大きな流れを生きている。行動は歴史の、それこそ毛穴の黒ずみ程度かもしれないが、一部分になる。大きな流れを小石程度が変えられるとは思わないけれども、渦の一つくらいは作れる。その渦が大きなうねりとなって、大きな石を引き止める。石が砂が集まって中洲になる。そして島となり大陸となる。





妄想の灯台はとてつもなく遠くを照らしているからこそ、足元を固めたい。と、強く思った高円寺の夜でした。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村